「痣」の版間の差分

1,451 バイト追加 、 10 年前
m (ロボットによる 追加: io:Ekimoso)
 
[[水滸伝]]の登場人物[[楊志]]のように、痣が[[武勇]]の象徴として扱われるケースも古来から存在する。
 
==反応==
[[ヘム酸素添加酵素]]は、[[赤血球]]に含まれる[[ヘモグロビン]]の構成物質である[[ヘム]]環のα-メチレン架橋で切断・開環して[[ビリベルジン]]を生成する。ビリベルジンは、引き続き[[ビリベルジン還元酵素]]により[[ビリルビン]]に変換される。
 
反応は、次のとおりである。
 
:{{chem|ヘム + NADPH + H<sup>+</sup> + 3 O<sub>2</sub> → ビリベルジン + Fe<sup>2+</sup> + CO + NADP<sup>+</sup> + H<sub>2</sub>O}}<ref name="pmid18487208">{{cite journal | author = Evans JP, Niemevz F, Buldain G, de Montellano PO | title = Isoporphyrin intermediate in heme oxygenase catalysis. Oxidation of alpha-meso-phenylheme | journal = J. Biol. Chem. | volume = 283 | issue = 28 | pages = 19530–9 | year = 2008 | month = July | pmid = 18487208 | pmc = 2443647 | doi = 10.1074/jbc.M709685200 | url = | issn = }}</ref>
<gallery widths="240px" heights="180px">>
file:Heme.svg|[[ヘム]]
file:Biliverdin3.svg|[[ビリベルジン]]
file:Bilirubin_ZZ.png|[[ビリルビン]]
</gallery>
 
この反応は、事実上すべての[[細胞]]で起こり得る。この典型的な例が[[痣]]の形成である。内出血による痣は癒えるにしたがって、赤色の[[ヘム]]、緑色の[[ビリベルジン]]、黄色の[[ビリルビン]]へと変化していく。
 
==脚注==
<references />
 
== 関連項目 ==
{{Commonscat|Bruises}}
* [[蒙古斑]]
* [[ヘム酸素添加酵素]]
 
{{DEFAULTSORT:あさ}}