「エドゥアルド・トルドラ」の版間の差分

英語版(en:Eduard Toldrà)より補足
(de:Eduard Toldrà(08:42, 27. Jul. 2010 UTC)より)
 
(英語版(en:Eduard Toldrà)より補足)
'''エドゥアルド・トルドラ'''(''Eduard Toldrà''、[[1895年]][[4月7日]] - [[1962年]][[5月31日]])は[[スペイン]]の[[作曲家]]・[[指揮者]]・[[ヴァイオリニスト]]。
 
ビラノバ・イ・ラ・ヘルトル出身。最初父親から[[ヴァイオリン]]を学び、後に[[バルセロナ]]の[[リセウ高等音楽院]]でヴァイオリンと[[和声]]を学んだ。[[1912年]]にソロデビューし、また弦楽四重奏団を結成。以後10年の間に国内外で演奏活動を行った。[[1921年]]、リセウ高等音楽院のヴァイオリンの教授に任命された。1921年から[[1936年]]まで[[パブロ・カザルス]]のオーケストラで[[コンサートマスター]]と副指揮者を務め、自作も発表している。また[[1924年]]から[[1934年]]までアマチュアオーケストラの[[指揮 (音楽)|指揮]]も行っている
 
[[1943年]]に[[カタルーニャ音楽堂]]でバルセロナ市立オーケストラが結成されると指揮者となり、[[1957年]]に副指揮者に就任した友人の[[リカルド・ラモーテ・デ・グリニョン]]とともに、[[カタルーニャ州|カタルーニャ地方]]にスペインや外国の現代的な音楽普及させる大きな役割を果たした。また[[マリア・カナルス・バルセロナ国際音楽演奏コンクール]]の審査員も務めた。
 
弟子に[[ハビエル・モンサルバーチェ]]などがいる。
 
作品には6つのヴァイオリンとピアノのためのソナタ、30のサルダナ(カタルーニャ地方の舞曲)、52の[[歌曲]]、[[オペラ]]、[[弦楽四重奏曲]]、ピアノ曲、[[管弦楽曲]]などがある。作風はカタルーニャ民謡に基づき、さらに戦間期の[[フランス]]音楽の影響を受けている。