「山名氏」の版間の差分

編集の要約なし
|支流=[[#旗本(山名堯熙流清水氏)|山名氏分家<br/> 清水恒豊流清水氏]]([[武家]])<br/>[[#旗本分家一| 熙豊流]]([[武家]])<br/>[[#旗本分家二| 賀豊流]]([[武家]])<br/>[[#旗本分家三| 豊常流]]([[武家]])
}}
'''山名氏'''(やまなうじ、やまなし)は、[[山陰地方]]を中心に勢力を持った[[守護大名]]、[[戦国大名]]である。
 
 
== 経歴 ==
=== 山名氏の起源 ===
山名氏の[[本姓]]は[[源氏]]。[[家系]]は[[清和源氏]]の[[河内源氏]]の[[棟梁]] [[鎮守府将軍]][[源義家]]の子 [[源義国|義国]]を祖とする[[名門]]・[[新田氏]]の一門。[[山名氏]]。[[新田義重]]の[[庶子]]・[[山名義範|三郎義範]](または太郎三郎とも)が[[上野国|上野]][[多胡郡]]([[八幡荘]])山名郷(現在の[[群馬県]][[高崎市]]山名町周辺)を[[本貫]]として'''山名三郎'''と名乗ったことから、山名氏を称した。
 
[[鎌倉時代]]には早くから[[源頼朝]]に従いて[[御家人]]となる。[[山名義範]]は[[源氏]][[門葉]]として優遇された([[岩松氏]]と同様に[[足利氏]]一門という説も有る。[[新田氏]]と[[足利氏]]は共に先祖は義国流源氏=源氏の[[嫡流]]で同族である)。
 
=== 南北朝時代 ===
[[南北朝時代 (日本)|南北朝時代]]、[[新田義貞]]を中心に[[南朝 (日本)|南朝]]に参加した新田一族と異なり、[[山名時氏]]は縁戚の[[足利尊氏]]に従った。尊氏の世[[征夷大将軍]]に就任、[[室町幕府]]を開と時氏も運気を掴み、守護大名として山陰地方に大勢力を張った。その後の[[観応の擾乱]]では[[足利直義]]に従ったが、2代将軍[[足利義詮]]時代には幕府側に帰参し、[[赤松氏]]や[[京極氏]]、[[一色氏]]と並んで[[四職]]家の一つにまで数えられるに至った。
 
時氏の子・[[山名氏清|氏清]]のとき、一族で全国66ヶ国中11ヶ国の[[守護]]職を占め、「'''六分の一殿'''」と称されて権勢を誇った。しかしその結果、3代将軍[[足利義満]]から危険視され、義満は山名一族離反の謀略を試みる。そして[[元中]]8年・[[明徳]]2年([[1391年]])、氏清は義満の挑発に乗って一族甥(兄・[[山名師義|師義]]の子)で婿の[[山名満幸|満幸]]・兄の[[山名義理|義理]]とともに挙兵([[明徳の乱]])、同年12月には[[京都]]へ攻め入るも、幕府軍の反攻にあって氏清は戦死してしまった。
 
戦後の山名氏は存続こそ許されたものの、氏清の甥(弟・[[山名時義|時義]]の子・[[山名時熙]]の[[但馬国|但馬]]守護職、同じく時義氏清甥(満幸の兄)[[山名之|氏之]]の[[伯耆国|伯耆]]守護職のみとなり、一族は大幅にその勢力を減ずるに至った。
 
=== 山名宗全時代 ===
山名持豊([[山名宗全]])は[[嘉吉]]元年([[1441年]])、6代将軍[[足利義教]]が[[赤松満祐]]によって[[暗殺]]([[嘉吉の乱]])されると、同年、赤松氏討伐の総大将として大功を挙げた。この功績によって山名氏は、[[備後国|備後]]・[[安芸国|安芸]]・[[石見国|石見]]・[[備前国|備前]]・[[美作国|美作]]・[[播磨国|播磨]]などの守護職を与えられ、再び全盛期を築き上げた。
 
しかし宗全は、幕府の主導権をめぐって[[管領]][[細川勝元]]と対立する。また、[[足利将軍家]]や[[畠山氏]]、[[斯波氏]]などの後継者争いなど複雑な事情も重なった結果、[[応仁]]元年([[1467年]])には[[応仁の乱]]の勃発に至った。このとき、宗全は西軍の総大将として同じく東軍総大将の細川勝元と戦ったが、乱の最中である[[文明_(日本)|文明]]5年([[1473年]])に宗全は病死する(同年に勝元も急死)
 
=== 戦国時代 ===
宗全の死後、家督は孫(4男とも)の[[山名政豊|政豊]]が継いだものの、宗全死去や応仁の乱などによって一族の勢力は急速に衰退してゆく。領内では[[毛利次郎の乱]]をはじめとする[[国人]]による反乱が相次ぎ、播磨、備前、美作は[[赤松政則]](赤松満祐の[[続柄#大甥|大甥]])に奪われ、政豊は奪回を企てるも[[長享]]2年([[1488年]])に敗れ、播磨から撤退した。さらに宗家家督備後守護の次男[[山名俊豊|俊豊]]と備後国人衆とも対立、俊豊廃嫡して3男の[[山名致豊|致豊]]を後継者に決ぐる一族内部て決着を着けたが、その過程国人衆争い支持を取り付けるために特権を与え、それ守護権の縮小に繋がってしった
 
さらに[[出雲国|出雲]]の[[尼子経久]]、[[周防国|周防]]の[[大内義興]]、備前[[備前国|備前守護代]][[浦上村宗]]らの圧迫を受けるようになり、次第に領土を奪われて、豊の・[[山名誠豊|誠豊]]の時代には、誠豊が但馬、[[山名豊時]]の孫・[[山名誠通]]が[[因幡国|因幡]]をかろうじて支配するという状態になった。これを契機に山名氏宗家は但馬守護家と因幡守護家に分裂し、[[宗家]]の家督をめぐって争った。
 
[[享禄]]元年([[1528年]])には誠豊が死去し、養子の[[山名祐豊]]が但馬守護を継ぐ。祐豊は一族の誠通を討って弟の[[山名豊定|豊定]]を[[因幡国|因幡]]守護とし、山名氏の統一を果たす。また新興勢力[[毛利元就]]とも手を結び、旧来の山名氏を[[戦国大名]]として再興させた。
 
=== 織豊時代 ===
しかし[[織田信長]]の勢力が伸張してくると、[[天正]]8年([[1580年]])、信長の重臣・羽柴秀吉([[豊臣秀吉]])の軍勢に取り囲まれて死去。祐豊の子[[山名堯熙]]はのちに馬廻衆として秀吉に召抱えられ、その播磨に所領を与えられた。
 
因幡では、[[山名豊定]]の子、[[山名豊国]]が秀吉を通じて信長に降伏したため、秀吉の家臣となった。その後、豊国は秀吉から因幡に所領を与えられ、[[御伽衆]]として迎えられた。
 
=== 江戸時代 ===
[[慶長]]5年([[1600年]])の[[関ヶ原の戦い]]で、但馬山名の堯政は豊臣方に就き、大阪城で戦死。因幡山名の豊国は[[徳川家康]]に従った。そのため慶長6年([[1601年]])、豊国は家康から[[但馬国|但馬]]村岡に6700石の所領を与えられ、大名待遇の[[旗本]]([[交代寄合]])として存続した。さらに、[[徳川御三家]]([[尾張藩]]、[[紀州藩]]、[[水戸藩]])と同じ[[屋形号]]も有した。
[[明治]]2年([[1869年]])、[[山名義済]]が1万1000石への高直しを明治政府に認められ大名となり、新たに但馬[[村岡藩]]を立藩した。明治17年([[1884年]])、山名氏は[[華族]]として[[男爵]]に叙された。
 
 [[山名時氏|時氏]] [[山名兼義|兼義]] [[山名頼家|頼家]]
  ┣━━━━━━━━━━━━━━━━┳━━━━━━┳━━━┳━━━┳━━━━━━━━━━┳━━━┓
 [[山名時義|時義]]               [[山名氏清|氏清]]     [[山名氏冬|氏冬]]  [[山名義理|義理]]  [[山名師義|師義]]         [[山名氏|氏]]  [[山名氏重|氏重]]
  ┣━━━┓            ┣━━━┓  ┃   ┃   ┣━━━┳━━━┓  ┃
 [[山名時熙|時熙]]  [[山名氏幸|氏幸]]           [[山名時清|時清]]   [[山名満氏|満氏]] [[山名氏家|氏家]]  [[山名義清|義清]]  [[山名氏之|氏之]]  [[山名義幸|義幸]]  [[山名満幸|満幸]] [[山名高|高]]
  ┃                       |   ┃   ┃   ┃      ┃
 [[山名宗全|持豊(宗全)]](宗全)                   [[山名貴|貴]]  [[山名教清|教清]]  [[山名煕之|煕之]]  [[山名師幸|師幸]]     [[山名政康|政康]]
  ┣━━━┳━━━┳━━━┳━━━┳━━━┓   |   ┃   ┃          ┃
 [[山名教豊|教豊]]  [[山名勝豊|勝豊]]  [[山名是豊|是豊]]  [[山名政豊|政豊]]  [[山名時豊|時豊]]  [[山名豊久|豊久]]  [[山名勝豊|勝豊]]  [[山名政清|政清]]  [[山名教之|教之]]         [[山名政実|政実]]
*[[武田国信]]
*[[武田高信]]
*[[山名四天王]] - [[山名氏]]の下で名を馳せた4人を指す。領内を運営していた実質上の支配者とも言われる。[[垣屋続成]]・[[田結庄是義]]・[[八木豊信]]・[[大田垣輝信]]とされる。
 
==庶家==
 
==関連項目==
*[[宗鏡寺]]([[豊岡市]][[出石町]])、[[楞厳寺]]([[新温泉町]])、[[円通寺]]([[豊岡市]][[竹野町]])、[[大明寺 (朝来市)|大明寺]]([[朝来市]])、[[大同寺]]([[朝来市]])、[[真乗院]]([[南禅寺]][[塔頭]])、[[東林院]]([[妙心寺]][[塔頭]])、 - 山名氏の菩提寺
*東林山養安院[[法雲寺 (香美町)]] - 山名氏の総菩提寺
 
{{DEFAULTSORT:やまなし}}
匿名利用者