「フライングアーマー」の版間の差分

[[モビルスーツ]]は大気圏突入時には機体上面に腹這いになって搭乗する。突入後は[[サブフライトシステム]]として使用する事も、また水面を滑走する事も可能である。
また映画『[[機動戦士Ζガンダム#劇場版|機動戦士Ζガンダム A New Translation]]』では、フライングアーマーが2機存在する。
本来はMk-IIの規格に合わせて開発された装備のため、同機の専用ともいえるがグリプス戦役の戦局の拡大とともに若干機少数産され、雑誌企画『[[ADVANCE OF Ζ ティターンズの旗のもとに]]』ではネモが使用した。
 
== 開発経緯 ==