「ペカフヤ」の版間の差分

編集の要約なし
'''ペカフヤ'''は、[[イスラエル王国|北イスラエル王国]]第17代の王である。名前は[[ヘブライ語]]で「[[ヤハウェ]]は目を開いた」という意味である。
 
紀元前741年に父[[メナヘム]]の死去に伴い、北イスラエルの王に即位した。ペカフヤは父メナヘムの親[[アッシリア|アッシリヤ]]政策を継承したが、2年後に反アッシリヤ派の侍従[[ペカ]]に、アルゴブとアルエと共に殺害された。
==治世==
紀元前741年に父[[メナヘム]]の死去に伴い、北イスラエルの王に即位した。彼は父メナヘムの親[[アッシリア|アッシリヤ]]政策を継承したが、2年後に反アッシリヤ派の侍従[[ペカ]]に、アルゴブとアルエと共に殺害された。
 
ペカフヤはダンとベテルで偶像礼拝を国策として推進した。預言者[[ホセア (預言者)|ホセア]]はペカフヤ時代の偶像礼拝を非難している。
*サムエル・シュルツ「旧約聖書概観」、1974年
 
{{先代次代|[[イスラエル王国|北イスラエル王国]]の王|第17代:前741年 - 前739年|[[メナヘム]]|[[ペカ]]}}
 
{{DEFAULTSORT:へかふや}}
[[Category:古代イスラエル・ユダ王国の君主]]
{{history-stub}}{{Judaism-stub}}{{christ-stub}}
 
41,398

回編集