「済州島四・三事件」の版間の差分

編集の要約なし
編集の要約なし
編集の要約なし
'''済州島四・三事件'''(さいしゅうとうよんさんじけん)は、[[1948年]][[4月3日]]に[[在朝鮮アメリカ陸軍司令部軍政庁]]支配下にある[[南朝鮮]](現在の[[大韓民国]])の[[済州島]]で起こった島民の蜂起にともない、[[南朝鮮国防警備隊]]、[[韓国軍]]、[[韓国警察]]、朝鮮半島本土の右翼青年団などが[[1954年]][[9月21日]]までの期間に引き起こした一連の島民虐殺事件を指す<ref name=fujinaga>[http://www.dce.osaka-sandai.ac.jp/~funtak/papers/introduction.htm 済州島四・三事件と私たち] 大阪産業大学藤永壯教授HP</ref>。
 
韓国政府側は事件に[[南朝鮮労働党]]が関与しているとして、政府軍・警察による[[粛清]]をおこない、多くの島民の5人に1人にあたる6万人が虐殺された<ref name=newsweek20000619/>。また、済州島の村々の70%が焼き尽くされた<ref name=newsweek20000619/>。また、この事件は[[麗水・順天事件|麗水順天の抗争]]の背景にもなった。
 
== 概要 ==
[[1948年]]に入ると、南朝鮮は北朝鮮抜きの単独選挙を行うことを決断し、島内では選挙を前に激しい左右両派の対立がはじまった。その中で、<!--選挙妨害が発生する。済州島では数千人規模の浸透武装勢力が島民を強制徴募して「人民遊撃隊」を組織しテロを行った。-->単独選挙に反対する左派島民の武装蜂起の日付が[[4月3日]]である。警察および右派から12名、武装蜂起側からは2名の死者が出た。
 
事件当初は交渉による平和的解決が試みられたが、アメリカ軍の介入と北部・[[平安道]]から逃げてきた若者を組織した右翼青年団体(「西北青年団」)の妨害などで交渉は決裂し、流血事態に至った。蜂起は朝鮮国防警備隊(後の韓国軍)や警察、および西北青年団などの治安部隊によって短期間で鎮圧された。人民遊撃隊の残存勢力は[[ゲリラ]]戦で対抗するようになったため、治安部隊は潜伏している遊撃隊員と彼らに同調する島民の処刑・粛清を行った。これは、[[8月15日]]の[[大韓民国]]成立後も韓国軍(この時正式発足)によって継続して行われた。韓国軍は、島民の住む村を襲うと若者達を連れ出して殺害するとともに、少女達を連れ出し、数週間に渡って[[輪姦]]した後に殺害した<ref name=newsweek20000619p2newsweek20000619>{{cite news
| url = http://www.newsweek.com/id2000/8513106/page18/2ghosts-of-cheju.html
| title = Ghosts Of Cheju A Korean Island's Bloody Rebellion Sheds New Light On The Origin Of The War (page2)
| newspaper = [[ニューズウィーク]]
| date = 2000-06-19
11,999

回編集