「キャシー・リナルディ」の版間の差分

m
(Category:フロリダ州の人物)
リナルディは[[1981年]]、14歳の時に[[1981年全仏オープンテニス|全仏オープン]]でいきなりベスト8に進出し、女子テニス界に鮮烈なデビューを飾った。準々決勝で[[ハナ・マンドリコワ]]に敗れた時、リナルディは「14歳63日」であった。続く[[1981年ウィンブルドン選手権|ウィンブルドン]]でも「14歳92日」で初戦を突破し、ここでも当時の史上最年少記録を樹立した。どちらの記録も、9年後の[[1990年]]に[[ジェニファー・カプリアティ]]によって破られるまで、テニス界のギネスブックに掲載されていた。その後、リナルディは14歳132日でプロテニス選手になる。同年の秋に、[[日本]]の[[京都]]で開かれた「ボーデン・クラシック」でプロ初優勝を果たす。[[1980年代]]初頭は、女子テニス選手の低年齢化が加速した時代であった。[[1979年全米オープンテニス|1979年全米オープン]]で「16歳9ヶ月」の史上最年少優勝記録を樹立した[[トレーシー・オースチン]]の後に続き、リナルディや[[アンドレア・イエガー]]などが早い成功を収め、当時のテニス・ジャーナリズムを賑わせるようになった。
 
[[1982年]]、リナルディは2つの大会で準優勝し、[[1982年全米オープンテニス|全米オープン]]で[[アンドレア・イエガー]]との4回戦に進出する。彼女のテニス経歴のハイライトは、[[1985年ウィンブルドン選手権|1985年ウィンブルドン]]で訪れた。18歳になったリナルディは、この大会で4大大会シングルス自己最高成績となるベスト4進出を決めた。初進出の準決勝では、第1シードの[[クリス・エバート]]が 6-2, 6-0 でリナルディを突き放した。同年8月、リナルディはアメリカ・[[ニュージャージー州]]の「ユナイテッド・ジャージー」大会の決勝戦で[[シュテフィ・グラフ]]を 6-4, 3-6, 6-4 で破り、ツアー2勝目を挙げた。その後、[[1985年全米オープンテニス|全米オープン]]では[[ジーナ・ガリソン]]と女子ダブルスのペアを組み、[[クラウディア・コーデキルシュ]]&[[ヘレナ・スコバ]]組との準決勝まで進出する。[[1986年]]は[[1986年全仏オープンテニス|全仏オープン]]で5年ぶり2度目のベスト8進出があった。
 
しかし、早熟選手としてのリナルディの全盛時代はあまり長く続かなかった。[[1986年]]11月の「バージニア・スリムズ・オブ・アーカンソー」大会の優勝を最後に、彼女は[[WTA]]ツアーのシングルス優勝から遠ざかる。[[1987年全仏オープンテニス|1987年全仏オープン]]で右手親指を骨折した彼女は、3回戦で[[ナタリー・トージア]]([[フランス]])に敗れた試合の後、11ヶ月の戦線離脱を経験した。このブランクの間に、女子テニス界は世代交代期を迎える。長年女子の頂点に君臨した[[クリス・エバート]]と[[マルチナ・ナブラチロワ]]の2強豪の時代が終わり、[[シュテフィ・グラフ]]が[[1987年]]8月から世界ランキング1位の座についた。ようやく[[1988年]]5月からツアーに復帰したリナルディだが、早熟な天才少女だった頃の面影は失われ、その後の4大大会シングルスでは1・2回戦止まりに後退した。
336,856

回編集