「岩田ユキ」の版間の差分

編集の要約なし
 
==経歴==
[[静岡県立金谷高等学校]]卒業後、OLとして地元企業に勤務する。その後、名古屋の専門学校に進学し、卒業後、大阪の文具メーカーでキャラクターデザイナーとして勤務する。その後東京に移り、[[セツ・モードセミナー]]に在学しながら、フリーのイラストレーターとして「[[nicola]]」([[新潮社]])、「[[KERA]]」([[インデックス・コミュニケーションズ]])、「[[zipper]]」([[祥伝社]])等の雑誌で活躍し、[[学研ホールディングス|学研]]等ではキャラクターデザイナーとして活動。[[2000年]]から映像制作を開始する。[[イメージフォーラム研究所]]と[[ENBUゼミナール]]で映像・脚本を学ぶ(ENBUゼミでの担任講師は[[中島哲也]])。
インディーズ時代はイラストレーターらしいアニメやパペットなどを使ったアート作品が主流だった。数多くのインディーズ映画祭で受賞し、[[空気公団]]などの音楽PVも手がけたが、[[ぴあフィルムフェスティバル]]受賞の『[[新ここからの景]]』を境に、ヒューマンドラマに作風が移行。
[[2005年]]、オムニバス映画『[[ヘアスタイル]]』の一編「おさげの本棚」で商業映画デビューする。
*[[8ミリメートル]](全5話)([[2009年]]、監督/脚本)
**[[スキマスイッチ]]2009年11月4日発売アルバム「[[ナユタとフカシギ]]」初回盤特典映像として本編全5話を収録
**[[ショートショートフィルムフェスティバル]] &アジア2010ミュージックショートPV部門 優秀賞
 
 
匿名利用者