「室蘭民報」の版間の差分

編集の要約なし
{{画像提供依頼|本社|date=2008年11月}}
'''室蘭民報'''(むろらんみんぽう、通称:むろみん)は、[[北海道]][[室蘭市]]に本社を置き、[[胆振総合振興局]]と[[日高振興局]]管内を対象にした日刊新聞。[[日本新聞協会]]加盟社
 
== 概要 ==
[[1902年]]創刊の「室蘭時報」がルーツ。[[1941年]]には政府の一県一紙政策により室蘭タイムスと合併、「室蘭日報」に改題するも、その翌年、北海には道内に点在する新聞社はローカル紙が全て統合され室蘭日報も廃刊。(当紙は北海道新聞社室蘭支社となった)されたことで一時廃刊となる
 
戦後まもなく、地元経済団体らを中心に地元紙復活の機運が高まり、[[1945年]]12月8日北海道内のローカル紙のトップを切って「室蘭民報」の題号で創刊。 [[1956年]]からは朝刊に加え夕刊を発行。現在、朝夕刊セット発行は都道府県庁所在地以外に本社を置く新聞社としては、全国でも室蘭民報社だけとなっている。なおエリア内には同じ「民報」を冠する、[[日本新聞協会苫小牧民報]]加盟社があるが、一切資本関係はない
 
発行部数は朝刊60,300部、夕刊52,630部(自社サイト公称)。室蘭市内と登別の両市内に限れば[[北海道新聞]]の購読者数を上回っている。エリア内には同じ「民報」と冠する、[[苫小牧民報]]があが、一切資本関係はない。最大印刷ページ数は24ページ。このうちカラー印刷は最大8ページ。2008年元旦号は8部建て総ページ数82ページだった。
 
[[2009年]]元旦号より、創立65周年を記念して題号レイアウトを変更した。
匿名利用者