「イタリア領東アフリカ」の版間の差分

m (ロボットによる 追加: tr:İtalyan Doğu Afrikası)
== 第二次世界大戦以後 ==
約4年後の[[1940年]][[6月10日]]にイタリアが[[第二次世界大戦]]に参戦すると、周囲のイギリス植民地との戦いが始まる。一時はケニアやスーダンへイタリア軍の攻勢が行われ、1940年8月には[[イギリス領ソマリランド]]を占領した。1941年初頭よりイギリス軍の反撃が開始され、イタリア軍は劣勢となり、[[1941年]][[5月5日]]にはハイレ・セラシエ1世が首都に再入城。[[1941年]][[11月28日]]にはエチオピア内の全イタリア軍が降伏した。[[1943年]]には、連合国へのイタリアの降伏に伴い、既に名目上の[[皇帝]]となっていたヴィットーリオ・エマヌエーレ3世が退位した。
 
敗北したイタリア軍のうち7000人は、北アフリカの枢軸軍が進撃してくることを当てにして[[1943年]]9月までゲリラ戦を展開した。
 
エチオピアは再度[[エチオピア帝国]]として独立、いったんイギリスの影響下で自治体制にあったエリトリアを[[1952年]]に連邦国家として組み込み、[[1962年]]から[[1993年]]までエチオピアの一州とした。イタリア領ソマリランドは[[1950年]]から[[1960年]]までイタリアの[[信託統治]]下にあったが、[[1960年]]にイギリス領ソマリランドとほぼ同時に独立、統一国家となった。
917

回編集