「カルムイク語」の版間の差分

m
読み、リンク
m編集の要約なし
m (読み、リンク)
'''カルムイク語'''((-ご、''Kalmyk)'')は、[[モンゴル]]系の[[言語]]。下位方言にはトルゴート方言、ドゥルベト方言、ブザウ方言がある。
 
表記は現在の新疆で生まれた彼らの同族であるザヤ・パンディタが1648年に作った[[トド文字]]が[[1924年]]まで使われていた。その後は[[ロシア語]]と同じ[[キリル文字]]が採用され現在に至る。
Redbookに載る[[危機に瀕する言語|危機言語]]であり、市中でもほとんど聞くことは稀。余談ではあるが、ロシア構成共和国である[[カルムイキア共和国|カルムイク共和国]]の首都にあるカルムイク大学にはカルムイク語・文化学科がありカルムイク語を教える学生を育ててはいるが、普段の彼らの会話からもカルムイク語を聞くことは稀といいう状態にある。(21世紀初めの状態)
 
[[Category:言語|かるむいくこ]]
[[Category:アルタイ諸語|かるむいくこ]]