「乙骨淑子」の版間の差分

編集の要約なし
没後、[[理論社]]より『乙骨淑子の本』(全8巻)が刊行された。
 
== 主な代表 ==
* ぴいちゃあしゃん
* 八月の太陽を
* こちらポポーロ島応答せよ
* 青いひかりの国
* 合言葉は手ぶくろの片っぽ
* 十三歳の夏(あかね書房)
* ピラミッド帽子よ、さようなら(理論社)
* すなの中に消えたタンネさん(小学校の国語教科書に掲載されていた)
*『'''乙骨淑子の本'''』([[理論社]]、1985 - 86年)
 
**『1 ぴいちゃあしゃん』(解説:[[鶴見俊輔]])
など。
**『2 八月の太陽を』(解説:[[奥田継夫]])
**『3 こちらポポーロ島応答せよ』(解説:[[野上暁]])
**『4 青いひかりの国』([解説:[[掛川恭子]])
**『5 十三歳の夏』(解説:[[今江祥智]])
**『6 合言葉は手ぶくろの片っぽ』(解説:[[山下明生]])
**『7 ピラミッド帽子よ、さようなら(1)』(解説:[[最首悟]])
**『8 ピラミッド帽子よ、さようなら(2)』(解説:[[上野瞭]])
 
{{DEFAULTSORT:おつこつ よしこ}}
匿名利用者