「洗礼名」の版間の差分

編集の要約なし
ほとんどは[[聖人]]の名を取るが、[[聖書]]から語句を取った例もある。洗礼名には、自分の好きな聖人や縁のある聖人の名をとることが多いが、キリスト教のある教派では[[暦|カレンダー]]の毎日にそれぞれ聖人が振り当てられているので、その誕生日の聖人の名前をとることもある。
 
カトリック教会では洗礼名の聖人の祝い日を[[霊名日]](れいめいび)と呼んで誕生日と共に祝う。[[ポーランド]]など国や地方によっては誕生日よりも霊名日のほうを盛大に祝う習慣をもつものもある。しかし、我が国に於けるカトリック教会では、氏名を記載する際になぜか洗礼名を記載しないことが多い。
 
正教会では、洗礼名の由来する聖人が個人[[守護聖人]]となり、誕生日と並んで守護聖人の日を祝う。[[日本正教会]]では「聖名日」(せいなび)と呼ぶ。
匿名利用者