「ハドスン夫人」の版間の差分

最も大胆な推理は、ハドスン夫人は実はホームズの恋人であって、その本名はアイリーン・アドラーだった、とするものである。これは『ボヘミアの醜聞』で下宿の女主人がハドスン夫人ではなくターナー夫人であるという謎を合理的に解決する仮説である。ただし、ワトスンの手記には『ボヘミアの醜聞』の事件がホームズとアドラーのただ一度きりの出会いだったと書かれている。
 
=== 映画・テレビ ===
;『[[名探偵ホームズ]]』
*日伊合作のテレビアニメ。最初期の[[航空機]]パイロットであった夫を事故で失った、19歳の若き未亡人として描かれた。ファーストネームはマリー。かつては「街道マリー」と呼ばれ、航空機レースへの出場や、ワトスンを車に乗せてのカーアクションの他、疾走する車上から[[リボルバー]]で航空機を狙撃するなど、男性顔負けの活動的な一面を見せている。一方で、かの[[ジェームズ・モリアーティ|モリアーティ]]教授の人質になるものの、ホームズに対するのと同様の献身的奉仕によって、教授といくばくかの心の交流を結ぶという場面もあった。K・M・ペイトンの「フランバース屋敷の人々」のヒロインが、設定上のモデルとなっている。
 
;『[[名探偵コナン ベイカー街の亡霊]]』
*テレビアニメ「[[名探偵コナン]]」の劇場版。新型ゲーム機「コクーン」が作り出した仮想空間「オールドタイムロンドン」にて、コナンたちがまず訪れたのが、ベイカー街221号B室である。しかし、ホームズとワトソン博士不在だったため、「ハドスン夫人」がコナンたちを出迎えられる。声優は[[速見圭]]。
 
=== パロディまたはパスティーシュ ===
36

回編集