「奉公」の版間の差分

編集の要約なし
m
'''奉公'''(ほうこう)とは、[[国家]]や[[朝廷]]のために一身をささげて尽くすこと。転じて、特定の主君・主人のために尽くすことも指す。
*[[鎌倉幕府]]の主従関係である[[御恩と奉公]]。
*労働形態の一つであった[[年季奉公]]。
*[[室町幕府]]の官職の一つである[[奉公衆]]。
*[[江戸時代]]に行われていた武士に対しての刑罰の一つである[[奉公構]]。
 
==関連項目 概要 ==
元は国家の[[公事]]を[[奉行]]・[[奉仕]]することを指していたが、後に[[天皇]]や[[太上天皇|上皇]]、[[摂関家]]と言った特定の人物や家に奉仕することも指すようになった。武士が台頭すると、主君・主人に対する奉仕を意味するようになり、[[御恩]]とともに主従関係を構成する要素として考えられるようになった。
 
[[鎌倉幕府]]は「[[御恩と奉公]]」の関係の下で成立した政権であったと言える。[[源頼朝]]が[[伊豆国]]で挙兵して[[鎌倉]]を本拠地として[[関東地方]]を支配下に置いた際に、頼朝の流人時代あるいは挙兵当時から随っていた家人的な従者と関東平定時に随った家礼的な従者によって軍団が形成され、幕府の成立と共にそれは公的な主従関係へと移行した。「[[鎌倉殿]]」と称された頼朝に随った武士たちは「[[御家人]]」と称され、守護・地頭への補任、朝廷の官職への推挙、本領安堵や新恩給与などの権利保護などの御恩を与える代わりに御家人に対して[[軍役]]をはじめとする[[御家人役]]の形によって忠誠と奉公を求めた。御家人の奉公は恒常的な義務とされ、これを怠った場合にはそれまでの各種の御恩を剥奪された。その一方で、鎌倉殿の御恩は御家人の現状を維持([[安堵]])するのみでも成り立ち得た(必ずしも常に新たな御恩を与える必要はなかった)ため、実質的には鎌倉殿は御家人との間で片務的な主従関係を結ぶことができた。その後、鎌倉幕府の支配が日本全国の武士に向けて広がっていく一方で、[[源氏嫡流]]の断絶によって鎌倉殿と御家人との間の個人的なつながりが希薄となると、組織としての鎌倉幕府と御家人との間の「御恩と奉公」へと変化していき、また本来は鎌倉幕府に仕える御家人であった北条氏が執権として幕府の実権を掌握すると、その内容も希薄化していった。特に北条氏の嫡流である[[得宗]]との間で「御恩と奉公」の関係を結ぶ[[御内人]]が幕府内部にも進出してきたことは、その傾向に拍車をかけた。鎌倉幕府の法律書である『[[沙汰未練書]]』には、「外様者将軍家奉公地頭御家人等事也」「御内トハ相模守殿御内奉公人事也」と記され、鎌倉殿と「御恩と奉公」の関係にない[[陪臣]]である御内人が幕府で一定の地位を占める現状を示している。だが、それによって[[外様]]として幕府の中央から排除された御家人たちの不満を高め、鎌倉幕府の滅亡をもたらした[[元弘の乱]]の際には多くの御家人は中立もしくは[[倒幕]]側に回り、北条氏ならびに同氏と「御恩と奉公」の関係にあった御内人が幕府の滅亡と運命を伴にすることとなった。なお、北条氏における御内人と同じようにそれ以外の御家人にも「御恩と奉公」の関係にある従者は存在していた。だが、その多くは私的関係に留まっており、幕府や北条氏における従者との主従関係と比較すると、より従属性の強いものであった。
 
その後も、奉公の概念は継続されるが、[[室町幕府]]期には「御恩と奉公」の関係は双務的に近くなり、反対に[[江戸幕府]]期には[[朱子学]]の影響によって片務的な色彩が強まるとともに、民間の商人や農民の間でも「[[奉公人]]」と呼ばれる身分が成立するようになった。
 
== 参考文献 ==
*五味克夫「奉公」(『国史大辞典 12』(吉川弘文館、1991年)ISBN 978-4-642-00512-8)
 
== 関連項目 ==
*[[奉公衆]]
*[[武家奉公人]]
*[[年季奉公]]
*[[奉公構]]
*[[滅私奉公]]
 
{{Japanese-history-stub}}
{{DEFAULTSORT:ほうこう}}
[[Category:武士]]
{{aimai}}
匿名利用者