「非政府組織」の版間の差分

編集の要約なし
m (→‎国連憲章に基づかないNGO: リダイレクト回避)
編集の要約なし
非政府組織の検証は公共の利益を守る上で重要であり、そのため活動の現場における監査がおこなわれている。また、[[外務省]]などの公共機関の他に、民間の検査団体も活動内容の検証を行っている。
 
近年、国内外においてNGOの数が増え、大規模化、専門化も進んでいる。公共の利益のための非政府組織だが、「国家や政府の枠組みに捕らわれず、市民生活に根ざして活動する」というNGOの性質上、こうした高度化によってかえって一般の市民生活と乖離してしまうのではないかとも危惧されており、外部評価、活動内容や会計の透明性、意見交換などの必要性が増し指摘されている<ref>グローバル化と人間の安全保障―行動する市民社会 (NIRAチャレンジ・ブックス) 勝俣 誠 (著) </ref>
* 現に、アフガニスタンで、ボランティア活動をしていた(日本人)伊藤和也が2008年8月26日、[[ターリバーン]]の犯行により、拉致され、射殺される事件が発生。アフガニスタンのような発展途上国では、どんなに気をつけていてもトラブルに巻き込まれる可能性が高い。現時点で、このボランティア活動は、伊藤さんの意思を引き継いで続ける方針である。
 
127

回編集