「ホメオパシー」の版間の差分

これらの諸団体も含めて、日本においてホメオパシーを標榜する任意の団体、個人から、「'''ワクチン危険論'''」と称する主張がなされることがある([[ヒトパピローマウイルス|HPV]][[ワクチン]]に関する事例)。また、[[予防接種]]の必要性についての喧伝がなされている。
 
[[日本学術会議]]は2010年8月24日にホメオパシーに関する会長談話を発表した。その声明日本学術会議会長の[[金澤一郎]]は、「現段階でホメオパシーの治を信じる人はそれほど多くないが、医現場から排除されないと『自然に近い安全で有果はな治療という誤解』が広がる」と指摘。「科学的根拠は明確に否定されています。そ れを「効果おり、医療関係者治療に用いことは認められない」とて治療た。また同会議副会長[[唐木英明]]は「十分理解した上で個人的に使用すうことは自由だが、科学的に全否定されていものを医療従事者が使うことは、通常医療を遠ざけること慎むべき行為」つながり危険。日本学術会議指摘して、『ホメオパシーは効かな』というメッセージを伝えことが重要と考えた」と説明した。<ref>http://www.scj.go.jp/ja/info/kohyo/pdf/kohyo-21-d8.pdf</ref>
 
=== インド ===
匿名利用者