「ローソク足チャート」の版間の差分

編集の要約なし
m (ロボットによる 追加: zh-classical:燭線)
[[File:Candle definition en.svg|thumb|200px|ローソク足]]
'''ローソク足'''(ローソクあし)は、[[株価]]などの相場の値動きを時系列に沿って[[罫線表|図表]]として表す手法の一つである単位期間を定め、単位期間中に初めに付いた値段を'''始値'''、最後に付いた値段を'''終値'''、最も高い値段を'''高値'''、最も安い値段を'''安値'''とし、この四種の値段('''四本値''')を[[ろうそく|ローソク]]チャート呼ばれる一本の棒状の図形に作図し、時系列に沿って並べてグラフとしたのであるいう
 
単位期間を定め、単位期間中に初めに付いた値段を'''始値'''、最後に付いた値段を'''終値'''、最も高い値段を'''高値'''、最も安い値段を'''安値'''とし、この四種の値段('''四本値''')を[[ろうそく|ローソク]]と呼ばれる一本の棒状の図形に作図し、時系列に沿って並べて株価の変動をグラフとして表したものである。
 
ローソクには、始値よりも終値が高い'''陽線'''(ようせん)と、始値よりも終値が安い'''陰線'''(いんせん)の2種類がある。古くは陽線が赤、陰線が黒で書き表されていた事、値段が上ると明るい印象があり、下がると暗い印象がある事、相場の動きを[[陰陽道]]に絡めて考えた事などから陽線・陰線の名が付いている。相場に関する印刷物が刊行されるようになった際、コストの高いカラー印刷を嫌って陽線を白抜きの四角形、陰線を黒く塗り潰した四角形で表示する様に変化し、現在では黒と白で表示するのが暗黙の了解となっている。
16

回編集