「キリスト教と自由主義神学」の版間の差分

編集の要約なし
(新しいページ: '{{基礎情報 書籍 | title = キリスト教と自由主義神学 | orig_title = Christianity and Liberalism | translator = | image = ...')
 
[[キリスト教]]と[[自由主義神学]](リベラル)がまったく異なる宗教であり、キリスト教は聖書の上に立てられるが、リベラルは罪人の移りゆく感情の上に立てられるとしている。
 
メイチェンは自由主義神学の前提がキリスト教と異なるとする<ref>『主の民か、国の民か』p.114</ref>。
[[角田桂嶽]]が1933年に『基督教とは何ぞや:リベラリズムと對比して』という翻訳の題名で出版したものがあったが戦後に、『キリスト教とは何か:リベラリズムとの対決』との題であらためて訳されている。
 
翻訳は[[角田桂嶽]]の『基督教とは何ぞや:リベラリズムと對比して』が1933年に出版されていたが、戦後に[[吉岡繁]]訳の『キリスト教とは何か:リベラリズムとの対決』が出ている。 吉岡は角田訳に翻訳の題名を合わせた。最初にメイチェンの著書を翻訳した角田は、メイチェンの日本における真の弟子と呼ばれている<ref>『岡田稔著作集』「私の神学的自叙伝」いのちのことば社</ref>。
 
今日においてメイチェンの著書の役割を果たしているのは、[[クリスチャニティ・トゥデイ]]だとされる<ref>ケアンズ『基督教全史』いのちのことば社</ref>。
 
==脚注==
 
==外部リンク==
*[http://www.biblebelievers.com/machen/index.html Christianity and Liberalism]
 
{{DEFAULTSORT:きりすときようとしゆうしゆきしんかく}}
10,006

回編集