「Comma-Separated Values」の版間の差分

編集の要約なし
データ交換用の[[デファクトスタンダード]]として、古くから多くの[[表計算ソフト]]や[[データベース]]ソフトで使われているが、細部の[[実装]]はソフトによって異なる。それらを追認する形で、2005年10月、RFC 4180でInformational([[Internet Engineering Steering Group|IESG]]の外部で決定された有用な情報の提供)として仕様が成文化された。
 
類似したフォーマットとして、'''タブ区切り'''された '''Tab-Separated Values''' ('''TSV''')や、'''半角スペース区切り'''された '''Space-Separated Values''' ('''SSV''') などがある。
CSVの変種に[[管理工学研究所]]が画定した'''K3'''フォーマットがある。拡張子は.K3。
 
107

回編集