「吏読」の版間の差分

lk
(lk)
 
==参考文献==
*[[小倉進平]](1929;1974) 「鄕歌及び吏讀の研究」, 『小倉進平著作集』, 京都大學國文學會
*{{lang|ko|남풍현}}(2000)“吏讀研究”,{{lang|ko|태학사}}
*李基文(1998)“新訂版 國語史概説”,{{lang|ko|태학사}}
匿名利用者