「アルブレヒト (ブランデンブルク=アンスバッハ辺境伯)」の版間の差分

編集の要約なし
'''アルブレヒト・フォン・ブランデンブルク=アンスバッハ'''('''Albrecht von Brandenburg-Ansbach'''、[[1620年]][[9月18日]]、[[アンスバッハ]] - [[1667年]][[10月22日]]、アンスバッハ)は[[フランケン]]地方[[アンスバッハ侯領]]の[[辺境伯]]。ブランデンブルク=アンスバッハ辺境伯[[ヨアヒム・エルンスト (ブランデンブルク=アンスバッハ辺境伯)|ヨアヒム・エルンスト]]とその妻ゾフィー・フォン・ゾルムス=ラウバッハの次男。[[フリードリヒ (ブランデンブルク=アンスバッハ辺境伯)|フリードリヒ]]の弟。
 
父の死後、兄のフリードリヒが初めは母親の後見下でアンスバッハ侯領の統治を行った。だが、[[1634年]]にその兄が[[ネルトリンゲンの戦い (1634年)|ネルトリンゲンの戦い]]で独身のまま命を落としたため、アルブレヒトが遺領を継ぐこととなった。アルブレヒトの場合も未成年のため、最初の数年間は母が後見と実務を行った。[[1639年]]に成人した後は単独でブランデンブルク=アンスバッハ侯領の統治を行った。
 
== 子供達 ==
* [[ヨハン・フリードリヒ (ブランデンブルク=アンスバッハ辺境伯)|ヨハン・フリードリヒ]](1654年 - 1686年) - ブランデンブルク=アンスバッハ辺境伯
* アルブレヒト・エルンスト(1659年 - 1674年)
* ドロテーア・シャルロッテ(1661年 - 1705年) - [[ヘッセン=ダルムシュタット方伯領|ヘッセン=ダルムシュタット方伯]][[エルンスト・ルートヴィヒ (ヘッセン=ダルムシュタット方伯)|エルンスト=ルートヴィヒ]]と結婚
* エレオノーレ・ユリアーネ(1663年 - 1724年) - [[ヴュルテンベルク=ヴィンネンタール公]][[フリードリヒ・カール (ヴュルテンベルク=ヴィンネンタール公)|フリードリヒ・カール]]と結婚
[[1664年]]、[[バーデン (領邦)|バーデン=ドゥルラッハ辺境伯]][[フリードリヒ6世 (バーデン=ドゥルラッハ辺境伯)|フリードリヒ6世]]の娘クリスティーネ・フォン・バーデン=ドゥルラッハ(1645年 - 1705年)と3度目の結婚をした。子供はいない。
匿名利用者