「象嵌」の版間の差分

m
編集の要約なし
m
m
この技法は、[[シリア]]の[[ダマスカス]]で生まれ、[[シルクロード]]経由で[[飛鳥時代]]に日本に伝わったとされる。
 
[[江戸時代]]には[[京都]]などに優れた職人が多数生まれ、[[日本刀]]の拵えや甲冑、鏡や[[根付]]、文箱、重箱などに腕を振るった。素材としては金属だけではなく、彩色した木材や骨片、貝殻なども用いられる
 
一般的な象嵌の方法としては、まず[[鉄]]や[[銅]]などの地金の表面を彫り、デザインの通りのくぼみをつくる。くぼみの内側には、後ではめ込む部品が定着しやすくするために細かな溝を彫っておく
くぼみの内側には、後ではめ込む部品が定着しやすくするために細かな溝を彫っておく。
 
次に色彩の異なる金属などの素材をそのくぼみと同じ形に切り出し、彫ったものを埋め込む。
素材としては金属だけではなく、彩色した木材や骨片、貝殻なども用いられる。
 
表面の微細な段差をなくし、滑らかに加工するために、漆を塗り、焼きをいれた後に研ぐ。この工程は数回繰り返される。
 
全体を再度研磨して仕上げる。はめ込んだ部品やその周囲にさらに彫刻を施す場合もある。
 
金属以外にも象嵌の技法は用いられる。
例えば[[磁器]]においては、いったん成型した器に彫刻を施し、そこに色の異なる土を象嵌する方法がある。
 
また金属ではなく、薄く削った貝殻をはめ込む技法は'''螺鈿'''(らでん)と呼ばれる。「螺」は貝のことで、「鈿」は象嵌のことである。
13,946

回編集