「クリスティアーノ・ルカレッリ」の版間の差分

編集の要約なし
|体重=83kg
|血液型=
|所属チーム名={{flagicon|ITA}} [[SSCナポリ|ナポリ]]
|ポジション=[[フォワード (サッカー)|FW]]
|背番号=99
|利き足=右足
|代表国={{ITAf}}
|代表年=2005-2007
|代表出場(得点)=6 (3)
}}
'''クリスティアーノ・ルカレッリ'''('''Cristiano Lucarelli'''、[[1975年]][[10月4日]] - )は、[[イタリア]]・[[リヴォルノ]]出身の同国代表、[[セリエA (サッカー)|セリエA]]・[[リヴォルノ・カルチョ|リヴォルノ]]所属の[[サッカー選手]]。ポジションは[[フォワード (サッカー)|FW]]。現パルマ[[ディフェンダー (サッカー)|DF]]の[[アレッサンドロ・ルカレッリ]]は実弟。
[[2009年]][[7月15日]]、古巣である[[リヴォルノ・カルチョ|リヴォルノ]]への復帰が発表された。
 
== 代表歴 ==
代表としては1996年五輪メンバーに選出され、同年秋にはUー21代表の試合の中で2試合連続のハットトリックを達成するなど通算14試合10得点と高い決定力を見せた。しかし、当時フル代表攻撃陣の層は厚く、若く安定感に欠けたルカレッリはフル代表に招集される事のないまま調子を落とし、タイミングを逃したまま代表とは無縁の日々を過ごしたが、04-05シーズンリーグ得点王の活躍が認められ2005年上旬北米遠征代表メンバーに選出、前述の通りセルビアモンテネグロ代表戦にて代表初キャップを刻むとこの試合で初得点もマークし存在感を示している。W杯優勝メンバーに名を刻む事は出来なかったが、[[ルカ・トーニ|トーニ]]や[[アルベルト・ジラルディーノ|ジラルディーノ]]にもまったく引けを取らないストライカーであるのは誰もが認めている所であろう。
 
[[マルチェロ・リッピ|リッピ]]時代は結果を出しながらも代表とはあまり縁がなかったが、代表監督がかつてリヴォルノで指揮を執った[[ロベルト・ドナドーニ|ドナドーニ]]に変わってからは代表に定着している。
 
== 選手経歴所属クラブ ==
* 1992-1993 [[画像:Flag of Italy.svg{{flagicon|20px|イタリア]]ITA}} クオイオペッリ:28試合・5得点(セリエD=5部)
* 1993-1995 [[画像:Flag of Italy.svg{{flagicon|20px|イタリア]]ITA}} [[ACペルージャ|ペルージャ]]:7試合・無得点(93-94はC1=3部で2試合、94-95はB=2部で5試合)
* 1995-1996 [[画像:Flag of Italy.svg{{flagicon|20px|イタリア]]ITA}} コセンツァ:32試合・15得点(セリエB)
* 1996-1997 [[画像:Flag of Italy.svg{{flagicon|20px|イタリア]]ITA}} [[カルチョ・パドヴァ|パドヴァ]]:34試合・14得点(セリエB)
* 1997-1998 [[画像:Flag of Italy.svg{{flagicon|20px|イタリア]]ITA}} [[アタランタBC|アタランタ]]:26試合・5得点
* 1998-1999 [[画像:Flag of Spain.svg{{flagicon|20px|スペイン]]ESP}} [[バレンシアCF|バレンシア]]:12試合・1得点(リーガ・エスパニョーラ)
* 1999-2001 [[画像:Flag of Italy.svg{{flagicon|20px|イタリア]]ITA}} [[USレッチェ|レッチェ]]:59試合・27得点
* 2001-2003 [[画像:Flag of Italy.svg{{flagicon|20px|イタリア]]ITA}} [[トリノFC|トリノ]]:56試合・10得点
* 2003-2007 [[画像:Flag of Italy.svg{{flagicon|20px|イタリア]]ITA}} [[リヴォルノ・カルチョ|リヴォルノ]]:146試合・92得点(03-04はBで41試合・29得点,04-07はAで105試合・63得点)
* 2007-2008 [[画像:Flag of Ukraine.svg{{flagicon|20px|ウクライナ]]UKR}} [[シャフタール・ドネツク]]:13試合・6得点(ウクライナ・プレミア・ディビジョン)
* 2008-2009 [[画像:Flag of Italy.svg{{flagicon|20px|イタリア]]ITA}} [[パルマFC|パルマ]]:45試合・16得点 (2008年はAで16試合・4ゴール、08-09はBで29試合・12得点)
* 2009-2010 [[画像:Flag of Italy.svg{{flagicon|20px|イタリア]]ITA}} [[リヴォルノ・カルチョ|リヴォルノ]]
* 2010- [[画像:Flag of Italy.svg{{flagicon|20px|イタリア]]ITA}} [[SSCナポリ|ナポリ]]
 
* 無表記はセリエA
 
== 外部リンク ==
{{DEFAULTSORT:るかれつり くりすていあの}}
 
[[Category:1975年生イタリアのサッカー選手]]
[[Category:ペルージャ・カルチョの選手]]
[[Category:カルチョ・パドヴァの選手]]
[[Category:アタランタBCの選手]]
[[Category:イタリバレンシアのサッカー選手]]
[[Category:USンシアッチェの選手]]
[[Category:トリノFCの選手]]
[[Category:リヴォルノ・カルチョの選手]]
[[Category:シャフタール・ドネツクの選手]]
[[Category:トリノFCの選手]]
[[Category:バレンシアの選手]]
[[Category:カルチョ・パドヴァの選手]]
[[Category:パルマFCの選手]]
[[Category:ペルージャ・カルチョの選手]]
[[Category:リヴォルノ・カルチョの選手]]
[[Category:SSCナポリの選手]]
[[Category:オリンピックサッカーイタリア代表選手]]
[[Category:1975年生]]
[[Category:存命人物]]
 
[[ar:كريستيانو لوكاريلي]]