「コルク」の版間の差分

m (ロボットによる 追加: hi:काग या कॉर्क)
 
== 利用 ==
発砲プラスチックのように多孔質で、[[弾力性]]があり[[水]]をほとんど通さないため[[ワイン]]の[[瓶]]の[[蓋|栓]]や[[野球]]の[[ボール (野球)#硬式球|硬式球]]の芯通気性はわずかにありバドミントンのシャトルなど保温性使われている。バージンコルクは形が悪いのでワイン栓には普通使われない
 
代表的な利用としては[[ワイン]]の[[瓶]]の[[蓋|栓]]や、[[野球]]の[[ボール (野球)#硬式球|硬式球]]の芯、バドミントンのシャトルなどに使われている。バージンコルクは形が悪いのでワイン栓には普通使われない。
 
コルク栓を打ち抜いたあとの端材は、粉砕して成型加工され、フローリング用床材や断熱材など、さまざまな用途に供される。
 
最近ではアクセサリーの素材として利用されることもある。
 
なお、[[生物学史]]では、[[ロバート・フック]]がコルクの断面を観察して、多数の小部屋を見つけてこれにCellと名付け、これが後に細胞の語に使われたことから、細胞発見の素材としても知られている。
 
== コルクガシ ==
28,698

回編集