「昌原郡」の版間の差分

m
→‎歴史: 韓国語版を参考に修正
m (→‎歴史: 韓国語版を参考に修正)
 
=== 大韓民国成立後 ===
大韓民国成立後、1955年に鎮海邑が'''[[鎮海市]]'''として分離。1970年代、昌原面・上南面・熊南面は[[馬山市]]に併合されたのち昌原新都市として開発が行われ、1980年に'''[[昌原市]]'''となった。このため、西部・北部・東南部に分散して残った郡部は'''義昌郡'''に改名した。東南部の熊東洞が鎮海市に、天加洞(加徳島)が釜山広域市江西区にそれぞれ編入された後、1991年に再び'''は1994'''に改名。19951月1をもって廃止され、西部の5面が馬山市に、北部の3面が昌原市に統合され、昌原郡は消滅した。
 
=== 年表 ===
* [[1983年]]2月15日 - 熊東面が鎮海市に編入される(9面)。
* [[1989年]]1月1日 - 天加面が[[釜山広域市]][[江西区 (釜山広域市)|江西区]]に編入される(8面)。
* [[19941991年]]121311日 - 義昌郡が廃止されるを再び昌原郡に改称
* [[1995年]]1月1日 - 東面・北面・大山面を昌原市に、内西面・鎮田面・鎮北面・鎮東面・亀山面を馬山市に編入し、昌原郡を廃止。
 
== 下位行政区画 ==