「クイックモーション」の版間の差分

編集の要約なし
==概要==
{{節stub}}
足をマウンドからスライドさせるように投げたり、あらかじめテークバックを作り体をかがめて捻らせておくなど、何らかの投球動作を簡略化したフォームで投げる。
投手がクイックモーションを実戦で使いこなすには充分な練習が必要であり、未熟な投手の場合は球速が落ちたり制球が悪くなることもある。フォームによっては体への負担が大きくなり、'''投手生命を脅かす'''場合すらある。そのため、クイックを用いずにセットポジションから牽制を多投する事で走者の動きを封じようとする投手もいる。また、[[小山正明]]などクイックモーションに批判的な[[野球解説者]]もいる<ref>小山の場合はクイック自体よりクイックモーション時に投球の質が落ちる投手を批判している。</ref>。
 
全く同じメカニズムで投げているわけではないため、数時間でマスターしてしてしまう投手や「クイックモーションの達人」と呼ばれている投手も多いが、球速や制球が劣化したり、最悪の場合は肩肘などに負担が生じるため、'''習熟を優先するあまりに投手生命を脅かす'''場合すらある。これはフォームによっては避けられないため、投手によってはクイックモーションを用いずにセットポジションから牽制を多投する事で走者の動きを封じようとする投手も多い。
[[日本プロ野球]]に比べ、MLBにおいてクイックを多用する投手は比較的少ない。
 
MLBではランナー無しからテンポの速いフォームや変則モーションで投げる投手が多く、また捕手の肩も強いため、[[日本プロ野球]]に比べクイックを多用する投手が比較的少ない。そういった風潮もあってか、最近はクイックモーションに懐疑的な[[野球解説者]]もいる<ref>[[桑田真澄]]など。</ref>[[小山正明]]はクイック自体よりクイックモーション時に投球の質が落ちる投手を批判している。
 
== 歴史 ==
走者を刺すことを目的としたクイックモーションは1970年代前半に[[福岡ソフトバンクホークス|南海ホークス]]の[[選手兼任監督]]だった[[野村克也]]が[[日本プロ野球]]最多となる通算1065盗塁の記録を持つ[[オリックス・バファローズ|阪急ブレーブス]]の[[福本豊]]の盗塁を阻止するため、[[ドン・ブレイザー]]ヘッドコーチとともに考案した。
 
野村は福本の盗塁を阻止するために「[[トラッシュ・トーク|ささやき戦術]]」「[[牽制球]]で悪[[送球]]させ、わざと進塁させて二塁で[[刺殺]]する」「牽制球で福本の脚にぶつける」「二死時に投手である前[[打者]]<ref>パ・リーグに[[指名打者]]制度が採用されたのは1975年以降で、当時は採用前だった。</ref>を[[出塁]]させる」など、様々な案を考えたがどれも長続きせず、すぐに通用しなくなってしまった。
匿名利用者