「FIFAワールドカップ」の版間の差分

(→‎チケット問題: 長期間出典なしにつき除去)
 
== 概要 ==
FIFAワールドカップは、予選大会と本大会で構成されており、本大会は4年ごとに開催される([[夏季オリンピック|夏季五輪]]の中間年、[[1994年]]より[[冬季オリンピック|冬季五輪]]と同年)。[[1930年]]にウルグアイで第1回大会が行われ、この大会を企画・発案した当時のFIFA会長・[[ジュール・リメ]]の業績を称えて作られた「[[FIFAワールドカップトロフィー|ジュール・リメ・トロフィー]]」をかけて争われた。
 
参加できるのは国またはそれに準ずる地域であり、厳密にはFIFAに加盟したサッカー協会を単位とする。例えば[[日本]]は[[日本サッカー協会]]の代表であり、胸にそのエンブレムをつけたユニフォームを着る。また、[[香港]]や[[マカオ]]のように、それぞれのFIFAが加盟を承認したサッカー協会を持つ地域は、それぞれに出場権がある。
 
これまでの優勝国は、最多の5回の優勝を誇る[[サッカーブラジル代表|ブラジル]]を筆頭に、[[サッカーイタリア代表|イタリア]](4回)、[[サッカードイツ代表|ドイツ]](3回)、[[サッカーウルグアイ代表|ウルグアイ]]、[[サッカーアルゼンチン代表|アルゼンチン]](各2回)、[[サッカーイングランド代表|イングランド]]、[[サッカーフランス代表|フランス]]、[[サッカースペイン代表|スペイン]](各1回)の8か国・地域だけである。なお、[[2002年]]大会までは前回優勝国は地域予選を免除されていたが、それに伴う強化不足や収入減少が懸念されたり、予選枠拡大の要望があったりしたため、[[2006年]]の[[2006 FIFAワールドカップ|ドイツ大会]]からは廃止となった。
 
優勝国には[[FIFAワールドカップトロフィー]]が贈られる。これは[[1970年]]にブラジルが3回目の優勝を成し遂げた際、規定で「ジュール・リメ・トロフィー」が永久保持となったため、それに代わる優勝トロフィーのデザインを一般から公募したものである。ちなみにジュール・リメ・トロフィーは[[1983年]]にブラジルのリオデジャネイロで盗まれ、現在も見つかっておらず、溶かされて金塊になったとの説が有力。イタリア人の彫刻家、[[シルビオ・ガザニガ]]のデザインによるこの優勝杯は当該大会の優勝決定後、優勝国のサッカー協会に保存され、4年後の本大会開会式の際に返還されていたが、[[2005年]]に純金製の3代目トロフィーが製作されたのをきっかけに、保安上の理由からドイツ大会以後は優勝国へのトロフィーの授与は行うものの、それ以後の優勝国への保存はなくなり、閉会式終了後再びFIFAが管理することとなる。なお優勝国にはトロフィーのレプリカが贈賞される。
78

回編集