「八色の姓」の版間の差分

m
編集の要約なし
編集の要約なし
 
m編集の要約なし
ただし、すべての姓をこの制度に当てはめると言う事は行われず、従来有った姓はそのまま残され、壬申の乱で功績のあった氏族に対して優先的に与えられた。そのために古くからあった姓([[国造]]くにのみやっこ)などもそのまま残っていた。従来から有った、'''臣'''、'''連'''の姓の上の地位になる姓を作ることで、壬申の乱や天皇家に対して功績の有った氏族と旧来の氏族との差をつけようとしたと言う見方も出来る。
 
'''真人'''は主に[[臣籍降下]]した、皇族に与えられたため、皇族以外の中での最上位は'''朝臣'''と言う事になる。また日本書紀、新日本紀などを見ても'''忌寸'''より下の四姓が下賜された形跡はない。
 
後代に下り、源平藤橘の四氏が隆盛になると、その末裔の姓はほとんどが朝臣になってしまい、姓そのものの意味が無くなっていった。
2,463

回編集