「アウグスト・ヴィルヘルム・フォン・ホフマン」の版間の差分

編集の要約なし
m (ロボットによる 追加: sl:August Wilhelm von Hofmann)
編集の要約なし
[[Imageファイル:August Wilhelm von Hofmann.jpg|thumb|アウグスト・ヴィルヘルム・フォン・ホフマン|250px]]
 
'''アウグスト・ヴィルヘルム・フォン・ホフマン'''('''August Wilhelm von Hofmann'''、[[1818年]][[4月8日]] - [[1892年]][[5月5日]])は、[[ドイツ]]の[[化学者]]。
 
[[ギーセン]]生まれ。初め[[ゲッティンゲン]]で法学などを学び、のちに[[ユストゥス・フォン・リービッヒ]]のもとで[[化学]]を学んだ。[[1845年]]に[[ロンドン]]に新設された王立化学大学(Royal College of Chemistry)教授となった。[[1864年]]にドイツに帰って[[ライン・フリードリヒ・ヴィルヘルム大学ボン|ボン大学]]に移り、[[1865年]]から[[フンベルト大学ベルリン|ベルリン大学]]の教授を務めた。
 
ホフマンの業績は[[有機化学]]の非常に広い範囲に及ぶ。最初リービッヒの元で[[コールタール]]の研究を行い、これをもとに[[アニリン]]関連の研究を生涯にわたり続けた。さらに[[アミン]]や[[アンモニウム塩]]などの研究も行い、またローズアニリンなどの[[色素]]を創製した。
 
{{commons|August Wilhelm von Hofmann}}
{{DEFAULTSORT:ほふまん あうすとうるへるむふん}}
[[Category:ドイツの化学者|ドイツの化学者]]
[[Category:1818年生]]