「八重崎検校」の版間の差分

m
(下位Category:検校があるので、上位Category:江戸時代の人物を外す)
m (→‎生涯: lk)
このように八重崎検校の音楽的功績は多大であるが、金銭には疎く清貧な生涯を送ったことが知られ、質素な生活ぶりで、京都の[[両替商]]万屋がパトロンとして八重崎を支えていた。嘉永元年(1848年)9月11日没。
 
門人には、『五段砧』、『秋風の曲』、『七小町』などの作曲で知られる[[光崎検校]]、後の京都下派(しもは)に続く[[松崎検校]]、中国系箏曲、地歌の祖である[[備後国]]の[[葛原勾当]]、[[吉沢検校]]の「古今組」に手事を補作した[[松坂春栄]]ら、女性の門人には『おぼこ菊』を作曲した[[津留]]らがいる。
 
==主な作品==
528

回編集