「ポイント」の版間の差分

m
編集の要約なし
m (Otheruses調整)
m
{{Otheruses|活字の長さの単位|店舗でのポイント|ポイントサービス|その他}}
'''ポイント'''は、[[出版]]において使用される[[長さの単位]]である。[[文字]]のサイズや[[余白]]の幅などの、版面の構成要素の長さを表す場合に使われる。“pt” と略記されることが多く、「ポ」と略記されることもある(例:「11ポ」)。後述するように、歴史的にポイントの定義は数種類あるが、現在は[[MacintoshDTP]]アプリケーションにおいて広く使用されている'''DTP ポイント'''が一般的ある。これ 1 pt = 1/72 [[インチ|in.]] (= 25.4/72 [[ミリメートル|mm]] = 0.352 777 7... mm) とされ、[[1981年]]に[[ゼロックス]]社が発売した世界初の[[ビットマップ画像|ビットマップ]][[ディスプレイ (コンピュータ)|ディスプレイ]]を実装した製品である[[Xerox Star|Xerox Star(ゼロックス・スター)]]で採用され、以後 [[DTP]] アプリケーションにおいて標準となった。これは '''DTP ポイント'''と呼ばれる。版面のレイアウトの単位をポイントにしておくと、文字が占める量を計算しやすいというメリットがある。なお日本の[[活字]]は'''号数'''制が基本であるが、歴史上では'''ポイント活字'''も使われた時期があった。そのときは、1 pt ≒ 0.351 4 mm が用いられた。
 
==ポイントの歴史と定義==
 
==互換性==
金属活字のポイントには、アメリカン・ポイントと、ヨーロッパで使用されるディドー・ポイント、フルニエ・ポイントがある。アメリカン・ポイント(パイカ・ポイント)は約 0.351&nbsp;4&nbsp;mm で、日本の出版場面ではこちらが主に使われていた<ref>[[日本工業規格]]の [[日本工業規格(その他)の一覧#JIS Z 8000~8999|JIS Z 8]]305-1962 (JIS Z 8305:1962)「活字の基準寸法」では 2. (2) に「1ポイントは 0.351&nbsp;4&nbsp;mm とする」と定められている。『日本工業規格活字の基準寸法』日本規格協会、1967年12月、1ページ。</ref>。<!-- 72.282 2 で割ると近似値が出る。ディドーポイントは約 0.357 9 mm。近似値は ÷ 70.969 5 で出せる。-->ちなみに [[Microsoft Word]] では DTP ポイント (1&nbsp;pt =&nbsp;1/72&nbsp;in. =&nbsp;0.352&nbsp;777&nbsp;7...&nbsp;mm) を採用している。
 
ちなみに現在コンピューターで使用されている[[Microsoft Word]]等のアプリケーションでは、一般的にDTPポイント (1&nbsp;pt =&nbsp;1/72&nbsp;in. =&nbsp;0.352&nbsp;777&nbsp;7...&nbsp;mm) を採用している。[[DTP]]ポイントはアメリカン・ポイントとの近似性を持たせるために、1/72&nbsp;in.を採用したと考えられる。
 
なお上述の通り、アメリカン・ポイントは DTP ポイントと異なる。このため、小さなポイント数ならばともかく紙面全体となってくるとかなりのズレが生じることになる。ゆえにポイント基準で製作された過去の書籍を[[組版|組み]]直す際には、当時の組版指示書をそのまま使えないことがある。
==脚注==
{{脚注ヘルプ}}
<div class="references-small"> <<references />references/> </div>
 
==外部リンク==
71

回編集