「透過型電子顕微鏡」の版間の差分

編集の要約なし
[[Image:A (H5N1) virion, a type of bird flu virus which is a subtype of avian influenza A.jpg|thumb|透過型電子顕微鏡で15万倍に拡大して撮影された[[トリインフルエンザ]][[ウイルス]]。輪郭をはっきりさせるために[[染色 (生物学)|染色]]が行われている。]]
'''透過型電子顕微鏡'''(とうかがたでんしけんびきょう、Transmission Electron Microscope; '''TEM''')とは、[[電子顕微鏡]]の一種である。観察対象に[[電子線]]をあて、それを透過してきた[[電子]]が作り出す干渉像を拡大して観察するタイプの電子顕微鏡のこと。[[物理学]]、[[化学]]、[[工学]]、[[生物学]]、[[医学]]などで幅広く用いられている。
 
(なお、Trasparent Electron Microscope と書くのは?です。) 
 
 
==原理==
匿名利用者