「クイックモーション」の版間の差分

m
編集の要約なし
m
足をマウンドからスライドさせるように投げたり、あらかじめテークバックを作り体をかがめて捻らせておくなど、何らかの投球動作を簡略化したフォームで投げる。
 
全く同じメカニズムで投げているわけではないため、数時間でマスターしてしてしまう投手や「クイックモーションの達人」と呼ばれている投手も多いが、球速や制球が劣化したり、最悪の場合は肩肘などに負担が生じるため、'''習熟を優先するあまりに投手生命を脅かす'''場合すらある。これはフォームによっては避けられないため、投手によってはクイックモーションを用いずにセットポジションから牽制を多投する事で走者の動きを封じようとする投手も多い。
 
MLBではランナー無しからテンポの速いフォームや変則モーションで投げる投手が多く、また捕手の肩も強いため、[[日本プロ野球]]に比べクイックを多用する投手が比較的少ない。そういった風潮もあってか、最近はクイックモーションに懐疑的な[[野球解説者]]もいる<ref>[[桑田真澄]]など。</ref>[[小山正明]]はクイック自体よりクイックモーション時に投球の質が落ちる投手を批判している。
49,118

回編集