「大脳基底核」の版間の差分

m
typo
m (typo)
[[File:Basal-ganglia-coronal-sections-large.png|thumb|400px|図2 ヒトの脳の冠状断面。大脳基底核が示されている。<BR>吻側: [[線条体]], [[淡蒼球]] (GPe and GPi)<BR>尾側: [[視床下核]] (STN), [[黒質]] (SN)]]
* [[線条体]]
:[[被殻]]と[[尾状核]]からなる。両者はもともと一つの構造物だったものが、進化の過程で[[内包]]によって二つに分断されたと考えられている。実際、[[齧歯類]]などでは被殻と尾状核の区別はない。線条体は[[大脳皮質]]および[[視床]]からからの入力部である。
* [[視床下核]]
:線条体と同様に大脳皮質からの入力部である。
 
== 主要な神経回路 ==
[[File:Basal-ganglia-2.jpg|thumb|right|250px|図3 大脳基底核を取り巻く神経回路の相関模式図。グルタミン酸作動経路は赤、ドーパミン作動性経路は青、GABA作動性経路は緑で示す。KotexKortex : 大脳皮質。Striatum : 線条体。SNC : 黒質緻密部。GPI : 淡蒼球内節。SNR : 黒質網様部。GPE : 淡蒼球外節。STN : 視床下核。Thalamus : 視床。]]
* 下記のように「大脳皮質→大脳基底核→視床→大脳皮質」というループが形成されている。[[運動野]]([[一次運動野]]・[[補足運動野]]・[[運動前野]]、[[ブロードマンの脳地図]]のそれぞれ4と6)から始まって運動野に戻るループを'''運動系ループ'''(motor loop)と呼び、四肢の運動をコントロールしているといわれる。同様なループが、大脳皮質のうち[[前頭前野]]・[[前頭眼野]]・辺縁皮質などを起点にして始まっており、それぞれ'''前頭前野系ループ'''(prefrontal loop)・'''眼球運動系ループ'''(oculomotor loop)・'''[[大脳辺縁系|辺縁系]]ループ'''(limbic loop)と呼ばれる<ref>{{cite journal
| last =
9,608

回編集