「透輝石」の版間の差分

編集の要約なし
'''透輝石'''(とうきせき、diopside)は、[[鉱物]]の一種(ケイ酸塩鉱物)。[[カルシウム]]と[[マグネシウム]]を含む[[単斜輝石]]。
 
[[化学組成]]は CaMgSi<sub>2</sub>O<sub>6</sub> で、Mg が Fe<sup>2+</sup> に置換したものは[[灰鉄輝石]]。透輝石と灰鉄輝石とは連続[[固溶体]]をつくり、かつてはその間'''サーラ輝石'''(salite)と'''鉄サーラ輝石'''(ferrosalite)があっと称したが、現在では使われない。また、Mg が Mn に置換したものは[[ヨハンセン輝石]]。カルシウムの割合が少なくなったものは[[普通輝石]]。
 
[[クロム]]を含むものは緑色を呈する。
匿名利用者