「ポイント」の版間の差分

編集の要約なし
m
 
==互換性==
金属活字のポイントには、アメリカン・ポイントと、ヨーロッパで使用されるディドー・ポイント、フルニエ・ポイントがある。アメリカン・ポイント(パイカ・ポイント)は約 0.351&nbsp;4&nbsp;mm で、日本の出版場面ではこちらが主に使われていた<ref>[[日本工業規格]]の [[日本工業規格(その他)の一覧#JIS Z 8000~8999|JIS Z 8]]305-1962 (JIS Z 8305:1962)「活字の基準寸法」では 2. (2) に「1ポイントは 0.351&nbsp;4&nbsp;mm とする」と定められている。『日本工業規格活字の基準寸法』日本規格協会、1967年12月、1ページ。</ref>。<!-- 72.282 2 で割ると近似値が出る。ディドーポイントは約 0.357 9 mm。近似値は ÷ 70.969 5 で出せる。 -->
 
ちなみに現在コンピューターで使用されている[[Microsoft Word]]等のアプリケーションでは、一般的にDTPポイント (1&nbsp;pt =&nbsp;1/72&nbsp;in. =&nbsp;0.352&nbsp;777&nbsp;7...&nbsp;mm) を採用している。[[DTP]]ポイントはアメリカン・ポイントとの近似性を持たせるために、1/72&nbsp;in.を採用したと考えられる。
11

回編集