「横領罪」の版間の差分

編集の要約なし
m
{{日本の犯罪
| 罪名 = 横領罪
| 法律・条文 = [[b:刑法252条|刑法252条]]-[[b:刑法第254条|254条]]
| 保護法益 = 物に対する所有権
| 主体 = 他人の物を占有する者(真正身分犯)
{{日本の刑法}}
{{ウィキプロジェクトリンク|刑法 (犯罪)}}
'''横領罪'''(おうりょうざい)は、自己の[[占有]]する他人の物を横領することを内容とする[[犯罪]]。広義の横領罪は、[[コンメンタール刑法 (日本)#2-38|刑法]]第二編「罪」第三十八章「横領の罪」(252]]([[b:刑法第252~255|252]]~[[b:刑法第255条|255条]])に規定された犯罪すべてを指す。狭義の横領罪は、刑法252条1項に規定される罪(単純横領罪)のみをいう。自己の物であっても、公務所から保管を命ぜられた場合にこれを横領したときには、横領罪が成立する(刑法252条2項)。
== 条文 ==
*単純横領罪(刑法[[b:刑法第252条|刑法252条]])
#自己の占有する他人の物を横領した者は、五年以下の懲役に処する。
#自己の物であっても、公務所から保管を命ぜられた場合において、これを横領した者も、前項と同様とする。
 
*業務上横領罪(刑法[[b:刑法第253条|刑法253条]])
:業務上自己の占有する他人の物を横領した者は、十年以下の懲役に処する。
 
*遺失物等横領罪(刑法[[b:刑法第254条|刑法254条]])
:遺失物、漂流物その他占有を離れた他人の物を横領した者は、一年以下の懲役又は十万円以下の罰金若しくは科料に処する。
 
 
== 親族間の特例 ==
[[窃盗罪]]の[[親族相盗例]]の規定が横領罪にも準用される([[b:刑法255条|刑法255条]][[b:刑法第244条|244条]])。
 
==関連項目==
匿名利用者