「対角化」の版間の差分

対角化条件の一部訂正
(対角化条件の一部訂正)
''A'' が対角化可能であるための必要十分条件は、
:<math> \sum_{i=1}^{r}\dim\ker(\lambda_{i}I_{n} - A) = n, </math>
かつ、各項が各固有値の重複度と等しいこと
である。ここで、<math>I_{n}</math>は ''n'' 次単位行列を表す。
<math> \ker(\lambda_{i}I_{n}-A)</math>は固有値<math>\lambda_{i}</math>の固有空間であるから、
匿名利用者