「イモビライザー」の版間の差分

編集の要約なし
通常、車の鍵はキーシリンダー内部とキーの鍵山が一致すればイグニッション[[スイッチ]]をオンにすることができ、エンジンを始動することができる。これに対してイモビライザーは、専用キーに埋め込まれた[[トランスポンダ]]と呼ばれる[[集積回路|電子チップ]]が持つ固有の[[ID]][[コード]]と車両側のIDコードを電子的に照合し、一致すればエンジンを始動させることができる。従って合カギなどで[[扉|ドア]]を開け、エンジンを始動させようとしてもIDコードが一致しない限りエンジンを始動させることができない。
 
キーのIDは[[暗号化]]されており、その組み合わせは膨大な数になるため、複製することはほぼ不可能に近い、そのため合カギや[[配線]]直結の手口にも有効なセキュリティシステムとされてきた。(ただし、当然ではあるが[[車上荒らし]]には効果がない。)
 
だが、イモビライザーを搭載した車が盗まれるケースもゼロではない