「近藤秀用」の版間の差分

編集の要約なし
 
'''近藤 秀用'''('''こんどう ひでもち'''、[[天文 (元号)|天文]]16年([[1547年]] [[寛永]]8年[[2月6日 (旧暦)|2月6日]]([[1631年]][[3月8日]]))は、[[戦国時代]]の[[武将]]。[[江戸時代]]前期の[[大名]]で、[[遠江]][[井伊谷藩]]の藩主。[[近藤康用]]の子。官位は従五位下。[[石見]]守。
 
父の康用は[[徳川四天王]]で有名な[[井伊直政]]の片腕となっていたが、直政の冷酷な性格に嫌気がさして[[徳川家康]]の直臣になりたいと思っていた。その息子の秀用も直政に仕えることを嫌って、家康の直臣になりたいという想いがあった。秀用は[[姉川の戦い]]、[[三方ヶ原の戦い]]、[[小田原征伐]]などでいずれも軍功を挙げ、特に小田原征伐ではその活躍を[[豊臣秀吉]]からも賞賛された。秀用はそれらの功績から、家康に直臣として取り立ててくれるように嘆願したが、直政が徹底してそれを妨害し、遂には暗殺まで謀られたため、秀用は命の危険から逃れるために出奔して[[伊勢]]に逃亡した。
 
なお、その後の秀用は[[1625年]]に石見守に叙任している。[[1631年]]2月6日、85歳で死去。墓所:東京都本郷の大安寺。
 
[[Category:戦国武将|こんとうひてもち]]
[[Category:江戸の大名|こんとうひてもち]]
{{生没年|こんとうひてもち|1547年|1631年}}
匿名利用者