「ルドルフ2世 (神聖ローマ皇帝)」の版間の差分

編集の要約なし
}}
 
'''ルドルフ2世'''('''Rudolf II.''',[[1552年]][[7月18日]] - [[1612年]][[1月20日]])は、[[ハプスブルク家]]の[[神聖ローマ皇帝]](在位:[[1576年]] - 1612年)、[[ハンガリー王一覧|ハンガリー]](在位:[[1572年]] - [[1608年]])、ローマ王(在位:[[1575年]] - [[1576年]])、[[ボヘミア君主一覧|ボヘミア王]](在位:[[1575年]] - 1612年)。[[マクシミリアン2世 (神聖ローマ皇帝)|マクシミリアン2世]]と皇后[[マリア・デ・アブスブルゴ|マリア]]の子。
 
== 生涯 ==
幼少時を[[スペイン]]の宮廷で過ごしたため、[[イエズス会]]の影響を受けて厳格な[[カトリック教会|カトリック]]教徒となった。[[1576年]]に父マクシミリアン2世の後を受けて皇帝に即位する。父は宗教に対しては寛容策を採用することで皇帝権力の強化や国内の安定化を図っていたが、ルドルフ2世はそれを廃し、徹底して[[プロテスタント]]を弾圧した。これが原因で国内情勢は一気に不安定化し、国内各地で反乱が勃発する。特に[[ハンガリー王国|ハンガリー]]の反発は凄まじく、ルドルフ2世は穏健政策として[[1606年]]、同地域における信教の自由を認めた。
 
しかしもともと政治能力に欠け、国政を重臣に任せきっていたルドルフ2世の政策は不徹底だったため、[[1608年]]にハンガリーで大規模な反乱が勃発した。事ここに至って遂にルドルフ2世はハンガリー王位を放棄し、弟の[[マティアス (神聖ローマ皇帝)|マティアス]]にその王位を譲っている。翌[[1609年]]、ハンガリーのように反乱が起こることを恐れたルドルフ2世は、[[ボヘミア王国|ボヘミア]]における信仰の自由を認めたが、これもハンガリーと同様に政策が不徹底だったため、ルドルフ2世の死後、神聖ローマ帝国内において[[三十年戦争]]が勃発する一因を作り上げてしまったのであった。
 
生涯で一度も結婚しなかった。1612年、60歳で死去。後を弟のマティアスが継いだ。
{{DEFAULTSORT:るとるふ2}}
[[Category:神聖ローマ皇帝]]
[[Category:オーストリアの君主大公]]
[[Category:ハンガリーの国王]]
[[Category:ボヘミア国王]]
匿名利用者