「岡崎市立中央図書館事件」の版間の差分

m
ロボットによる: <references /> タグの補完。
(岡崎市立中央図書館 2010年9月11日 (土) 07:55 (UTC)から分割)
 
m (ロボットによる: <references /> タグの補完。)
 
蔵書検索システムの不都合や男性の逮捕に対し、同図書館の館長を務める大羽良は、「図書館には非がなく、男性のプログラムの方法がまずい」<ref>[http://mainichi.jp/select/jiken/news/20100822k0000m040070000c.html 岡崎市立図書館:ソフト古く閲覧困難に HP大量アクセス]毎日新聞2010年8月21日</ref>、「(男性の自作プログラムに)違法性がないことは知っていたが、図書館に了解を求めることなく、繰り返しアクセスしたことが問題だ」、「図書館側のソフトに不具合はなく、図書館側に責任はない」<ref>[http://www.asahi.com/digital/internet/NGY201008210009.html 図書館長「了解求めないアクセスが問題」 HP閲覧不能] 朝日新聞2010年8月22日</ref>と発言している。なお本件を調査報道した朝日新聞記者のMDISへの取材には同館長も同席したことがあり、また記者から同館長には繰り返し問題の所在について説明されていた。<ref>[http://twitter.com/kanda_daisuke/status/21730673695 本事件を調査報道した神田大介によるTwitter上の発言]</ref>
== 脚注 ==
<references />
204,864

回編集