「ンバラ」の版間の差分

画像参照追加
m (タマはトーキングドラムのこと。)
(画像参照追加)
 
== 歴史と影響 ==
[[画像:Sabar-Lamb.jpg|thumb|200px|ンバラの中心楽器である[[サバール]]]]
 
ンバラ・ミュージックは、1970年代に[[セネガル]]で生まれた。その頃、セネガルで人気のあった音楽は、[[キューバ]]の[[ルンバ]]、[[ハイチ]]の[[コンパ (音楽)|コンパ]]、[[コンゴ民主共和国|コンゴ]]の[[スークース]]、アメリカン・ソウルとファンクだった。植民地政策から脱却し起源へ戻る[[アフリカ中心主義]]による影響で、セネガルのミュージシャン達はそれらの音楽と伝統的なセネガルの音楽を融合し、[[ナショナル・アイデンティティ]]を採り入れた新しい音楽を創造しはじめた。ミュージシャン達は[[サバール]]のリズムに合わせ、[[ウォロフ語]](セネガルの事実上の共通語)で歌いはじめ、ダンサー達はサバールに合わせて踊り、まるで伝統的な[[グリオ]]のように歌手にチップを渡し始めた。