「八重崎検校」の版間の差分

m
m (→‎生涯: lk)
[[箏]]の名手として知られ、三味線の自作曲もあるが、むしろ多くの地歌、特に手事物曲に優れた箏の手付をしたことの方がはるかに有名である。文化頃に大阪の[[市浦検校]]が、地歌曲に箏の手付をする際、原曲の三味線の旋律とは違う旋律を工夫し(これを替手式箏曲と呼ぶ)、合奏の効果を高めた。それを師の浦崎検校が受けて発展させたが、更に八重崎がより工夫、洗練させ、[[松浦検校]]や[[菊岡検校]]が完成させた京流手事物を、合奏音楽として更に音楽的価値の高いものとした。
 
菊岡検校とは名コンビ、良きライバルとして有名で、先に検校へと登官した菊岡から食事の残り物を食べさせられたのを遺恨に思い、菊岡との合奏の際に箏を縦横無尽に弾き菊岡を打ち負かしたが、菊岡も次には八重崎を圧倒するほどの[[即興演奏]]を行ない、そうこうする内に互いに打ちとけて良き楽友となったという。このコンビから生まれた曲は多く、今日でも広く演奏されている。
 
また、[[石川勾当]]の作品『[[八重衣]]』が三味線のあまりの難技巧のため、忘れ去られようとしているのを惜しんだ宮原検校が一計を案じ、「世間では箏の手付けの名人と讃えられているが、さすがに『八重衣』に箏の手が付けられないようでは八重崎も大したことはない」と吹聴した。それを聞いた八重崎は発奮して『八重衣』に見事な手付けを行ない、以後広く演奏される曲となった。あるいは、松浦検校の作品『玉の台』には一夜で箏の手を付けたという。
230,364

回編集