「スティーヴ・ハケット」の版間の差分

編集の要約なし
m (interwiki)
スティーヴ・ハケット(Steve Hackett 本名:Stephen Richard Hackett [[1950年]][[2月12日]] -)は、[[イギリス]]、[[ロンドン]]出身の[[ギタリスト]]。
 
1970年、クワイエット・ワールド(Quiet World)でデビュー。その直後、[[アンソニー・フィリップス]]に替わって[[ジェネシス (バンド)|ジェネシス]]に加入。同バンドのサード・アルバム(Nursery(''Nursery Cryme「怪奇骨董音楽箱」'' 1971年)から1977年のライヴ・アルバム(Seconds(''Seconds Out「幻惑のスーパー・ライヴ」'')まで参加し、以降は主にソロ・アーティストとして活動している。ソロ活動ではであるジョン・ハケット([[フルート]]奏者)との共演も多い。
 
その他の活動として、1986年に[[スティーヴ・ハウ]]と結成した[[GTR (バンド)|GTR]]や、19901996代中庸ロンドン・フィル・オーケストラや[[ビル・ブラッフォード]]らと共演し、ジェネシスの音楽を再構築したアルバム(''Genesis Revisited'')を制作したのをきっかけに、[[ジョン・ウェットン]]、[[イアン・マクドナルド]]、チェスター・トンプソンらとバンドを組み、ジェネシス、[[キング・クリムゾン]]の音楽を再現したライヴ・ツアーを行った事など、目立った活動として知られている。
 
アグレッシヴでトリッキー、サステインを効かせた、俗に言う「泣き」のフレージングなどが、プレイの特徴としてよく挙げられる。また、トレモロ奏法なども駆使した本格的な[[クラシック・ギター]]演奏も、彼の音楽の大きな部分を占める。そしてあまり披露しないが[[ブルース]]にも造詣が深く、[[ブルースハープ]]も得意としている。
 
アグレッシヴでトリッキーなプレイ、サステインを効かせた、俗に言う「泣き」のフレージングなどが、プレイの特徴としてよく挙げられる。また、トレモロ奏法なども駆使した本格的な[[クラシック・ギター]]演奏も、彼の音楽の大きな部分を占める。そしてあまり披露しないが[[ブルース]]にも造詣が深く、[[ブルースハープ]]も得意としている。
そして[[タッピング奏法]]の発明者とも言われている。ジェネシスに初参加したアルバム中の数曲で既に右手(彼の場合、正確には[[ピック]])でギターのフレットを叩き、高速[[アルペジオ]]を演奏している。これは一般的にオリジネーターとされている[[エドワード・ヴァン・ヘイレン]]が現れるよりもずっと前に記録された音である。
 
そして[[タッピング奏法]]の発明者とも言われている。ジェネシスに初参加したアルバム作品中の数曲で既に右手(彼の場合、正確には[[ピック]])でギターのフレット上で弦叩き押さえ、高速[[アルペジオ]]を演奏している。これは一般的にオリジネーターとされている[[エドワード・ヴァン・ヘイレン]]が現れるよりもずっと前に記録された音である。
 
 
== ディスコグラフィ ==
 
*クワイエット・ワールド
**''The Road''([[1970年]])
 
 
*[[ジェネシス (バンド)|ジェネシス]]
**''Nursery Cryme''「怪奇骨董音楽箱」([[1971年]])
**''Foxtrot''「フォックストロット」([[1972年]])
**''Selling England By The Pound''「月影の騎士」([[1973年]])
**''Live''「ジェネシス・ライヴ」([[1973年]])      
**''The Lamb Lies Down On Broadway''「幻惑のブロードウェイ」([[1974年]])
**''A Trick Of The Tail''「トリック・オブ・ザ・テイル」([[1976年]])
**''Wind and Wuthering''「静寂の嵐」([[1976年]])
**''Seconds Out''「幻惑のスーパー・ライヴ」([[1977年]])
 
 
*[[GTR (バンド)|GTR]]
**''GTR''([[1986年]])
**''King Biscuit Flower Hour Presents(ライヴ)''([[1997年]])
 
 
*ソロ
** ''Voyage Of The Acolyte''([[1975年]])
** ''Please Don't Touch''([[1978年]])
** ''Spectral Mornings''([[1979年]])
** ''Defector''([[1980年]])
** ''Cured''([[1981年]])
** ''Highly Strung''([[1982年]])
** ''Bay Of Kings''([[1983年]])
** ''Till We Have Faces''([[1984年]])
** ''Momentum''([[1988年]])
** ''Time Lapse''([[1991年]])
** ''The Unauthorized Biography''([[1992年]])
** ''Guitar Noir''([[1993年]])
** ''Blues With A Feeling''([[1995年]])
** ''There Are Many Sides To The Night''([[1995年]])
** ''A Midsummer Night's Dream''([[1997年]])
** ''Genesis Revisited''([[1996年]])
** ''The Tokyo Tapes''([[1998年]])
** Darktown([[1999年]])
** Sketches Of Satie([[2000年]])
** Feedback '86([[2000年]])
** Live Archive 70's 80's 90's([[2001年]])
** Live Archive 70's Newcastle([[2001年]])
** Genesis Files([[2002年]])
** Somewhere In South America([[2002年]])
** Live Archive NEARfest([[2003年]])
** Hungarian Horizons([[2003年]])
** To Watch The Storms([[2003年]])
** Live Archive '03([[2004年]])
** Live Archive '04([[2004年]])
** Live Archive '05([[2005年]])
** Metamorpheus([[2005年]])
 
 
== 外部リンク ==
*[http://stevehackett.com/ オフィシャル・サイト]
 
[[Category:イギリスのミュージシャン|はけつとすていふ]]
匿名利用者