「日本遺族会」の版間の差分

m
m (WP:JPE#年月日・時間 -{{CURRENTYEAR}})
 
== 目的 ==
当初の会則では「''遺族の救済と相互扶助、以って[[戦争]]を防止し、[[世界]]の恒久[[平和]]を確立し、全[[人類]]の[[福祉]]の為に貢献''」を目的とした。初代理事長(1948年から「会長」に改称)は貴族院議員・長島銀蔵。[[大谷藤之助]](海軍中佐、元[[大本営]]参謀 [[靖国神社]]事務総長)の推薦を受けて就任。当時の本部は神奈川県厚生連盟内で、靖国内に連絡所が置かれた。
 
[[1953年]]の[[財団法人]]への改組と共に、その目的は「''[[英霊]]の顕彰、戦没者遺族の[[福祉]]の増進、慰藉救済の道を開くとともに、道義の昂揚、品性の涵養に努め、平和[[日本]]の建設に貢献することを目的とする''」と変更された。