「R過程」の版間の差分

編集の要約なし
'''R過程'''(あーるかてい)は恒星核が重力崩壊する[[超新星爆発]]時に起きる[[元素合成]]で、[[中性子]]の多い[[重金属|鉄より重い元素]]のほぼ半分の生成が行われる。この反応は高速に連続して中性子を[[ニッケル]]56のような種核種<!--定訳がわからん-->に取り込むことによって起きる。そのためこの過程はR(rapid:高速)過程と呼ばれる。もう一方の重元素を生成する支配的な過程は、[[漸近巨星分枝星]]でゆっくり(Slow)した中性子捕獲によって元素合成が行われる、[[S過程]]であり、この二つの過程が鉄より重い重元素の元素合成過程の大半を占める。
 
==歴史==
匿名利用者