「塩析」の版間の差分

原因
(パスタを茹でる時の食塩の役割)
(原因)
'''塩析'''は[[親水コロイド]]に多量の[[イオン]]を加えたときに親水コロイドが沈殿する現象のこと。これはイオンが[[親水コロイド]]結合水和電気的反発を中ていた水分子がイオンの水に参加するため、コロイドの水和が困難発生すなるために起こる。エタノールを加えたときも同じようにエタノールの水和が優先されて起こる。
 
[[タンパク質]]は種類によって沈殿が起こるイオン濃度が異なるため、塩析はタンパク質の分離精製の手段としてよく用いられる。
 
* [[ポリビニルアルコール]]に[[硼砂]]を入れて[[スライム]]を作る
* [[パスタ]]を茹でるときに食塩を加えて、表面のタンパク質を凝固させて、ツルツル感を与える。
* 油脂を鹸化して石鹸を作るとき、最後に多量の食塩を加えて石鹸を沈殿させる 
[[category:化学|えんせき]]
 
245

回編集