「福島交通」の版間の差分

m編集の要約なし
{{現在進行|section=1}}<!--バスカードについて-->
;バスカード(磁気式・IC)
:福島支社管轄路線のうち、福島市中心部を運行する特定路線では専用の中型車が運用され、磁気式[[乗車カード#東北地方|バスカード]]が利用できる(ただし、新バスカード導入に伴い2010年8月31日で発売停止、9月30日で利用停止となる)。郡山支社管内の路線(郡山駅発着の全路線と、郡山市周辺を運行する路線)では、[[バスICカード (福島交通)|バスICカード]]が利用できる。特に、バスICカードシステムの導入については[[東北地方]]初、全国のバス事業者の中では[[山梨県]]の[[山梨交通]]と[[北海道]]の[[道北バス]]に続く、3番目の導入となった。<br />[[2010年]][[10月30日]]には、紙製回数券や各バスカード等に代わる、新しいバスICカード「NORUCA」を当社全路線(高速バス及び、一部各市町村の生活バス等を除く)において導入する予定となっている。<ref>[http://www.fukushima-koutu.co.jp/x/modules/bulletin1/index.php?page=article&storyid=125 新ICカード及び新運賃箱導入について](福島交通ニュース 2010年5月6日。2010年5月7日閲覧)</ref><ref>[http://www.minpo.jp/view.php?pageId=4107&blockId=7281385&newsMode=article 福島交通バス新カード導入へ 運賃支払いで高い利便性目指す]([[福島民報]] 2010年5月7日。2010年5月7日閲覧)</ref><ref name="fukushima-koutu100910" />詳細については「[[バスICカード (福島交通)#今後]]」の項を参照のこと。
;[[回数乗車券|回数券]]
:一般路線全線で終日利用できるタイプ(11枚で10枚分と、数種類の金額を組み合わせ・セット式で販売)のほか、毎月1日のみ使用できる、路線バス乗車促進用の「[[回数乗車券#その他のバス回数券の種類|バス・鉄道利用促進デー専用回数乗車券]]」(100円券5枚と50円券4枚綴りを500円で発売)、同社が指定する学校へ通学・受講する生徒向けの「[[回数乗車券#その他のバス回数券の種類|通学回数券]]」が発売されている。
864

回編集